各種情報

ホーム > 各種情報 > メールの設定について

メールの設定について

メール設定についてのご質問が多いため、ここでは一般的に多く使われているMicrosoft社のOutlook Express6を使って設定方法をご説明いたします。新規でメール設定を行う場合は下記の手順でメール設定をお願いいたします。

Windows Live メールをお使いの方はこちら

初めてメールをお使いになる際、メールの設定ウィザードが自動的に起動されます。表示名の部分には「送信者」のフィールドに表示される名前を入力し、「次へ(N)」をクリックして次に進みます。

次に下記の画像を参考にお使いになる「メールアドレス」を入力してください。
入力した内容に間違いがなければ「次へ(N)」をクリックして次に進みます。

同様に下記の画像を参考に「サーバー情報」を入力してください。
入力した内容に間違いがなければ「次へ(N)」をクリックして次に進みます。

同様に下記の画像を参考に「アカウント名」と「パスワード」を入力してください。
入力した内容に間違いがなければ「次へ(N)」をクリックして次に進みます。

以上でウィザードでの設定は終了です。

次に「ツール(T)」→「アカウント(A)」を選択してください。

メールタブからご入力されたアカウントを選択し、「プロパティ(P)」をクリックしてください。

サーバータブから下の画像を参考に送信メールサーバーの「このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れてください。

詳細設定タブのポート番号は下の画像のように設定(デフォルト)されております。一部のISP(インターネットサービスプロバイダ)によってはポート番号の変更が必要な場合がございますので、ご契約のISPへご確認をお願いいたします。デフォルト設定のままですとメールの送信が出来ないなど、不具合が発生する場合がございますのでご注意ください。

突然メール送信が出来なくなったら・・・。(Outbound Port 25 Blocking について)

ISPのネットワークとインターネットとの接点(ゲートウェイ)でプロバイダの用意するメールサーバを経由せずに直接送信しようとするメール送信のトラフィック(SMTPが使用するport25)を遮断します。独自に設置したサーバから動的IPアドレスを用いて配信される迷惑メールの規制に大きな効果を発揮し、昨今の迷惑メール対策の一環として、プロバイダ事業者から迷惑メールを出させない取組みとして実施されています。